オルニチン 効果

オルニチンの効果や効能

オルニチン 効果

オルニチンとは「遊離アミノ酸」の一種です。「遊離アミノ酸」とは脂肪内や

血中などを巡りながら、他のタンパク質と結びつかないアミノ酸です。

 

効果は、疲労回復や肝臓での毒素の分解を促進します。

 

食べ物やサプリメントで摂取したオルニチンはまず、腸にたどり着きます。
すると次は、血液の流れに乗って肝臓に向かいます。するとオルニチンは
毒素の分解に追われている肝臓の働きをサポートするのです。

 

毒素を例に挙げると「アルコール」でしょう。アルコールは肝臓で
分解されますので、当然、肝臓には負担がかかります。

 

また、食べ過ぎも良くありません。食べ物からの栄養を肝臓が処理して
全身へ送られますが、この処理の時に毒素が発生しています。
また、運動不足でも肝臓機能は低下します。

 

これらの毒素の分解に日々、肝臓は追われているのです。

 

肝臓は「沈黙の臓器」と言われるほどで、肝臓が病気になっても
自覚症状が全くないのです。

 

毒素が分解できないと血流の流れが悪くなり「最近疲れた」
「寝起きがつらい」といった症状が出るようになります。

 

オルニチンはこれらの毒素の分解を促進しますので、症状を自覚
している方にピッタリの成分なのです。また、血中のアルコール濃度を
下げてくれるのでお酒を飲む前にオルニチンを飲むのも効果的です。

 

オルニチンの効能は、「毒素を分解する肝臓のサポート」をします。
オルニチンの効果で毒素を排出して健康的な体を目指しましょう。

 

矢印

ボタン